ストレスによって引き起こされる

2f3x6sdmm9j9k7gストレス社会といわれる現代、日常生活を送っているだけでもさまざまなストレスにさらされる毎日です。

ストレスによる弊害はいろいろ挙げられていますが、腸にかかるストレスから引き起こされる症状もいくつかあります。

そのひとつが「過敏性大腸症候群」と呼ばれるもので、便秘や下痢という症状が現れます。

人によっては、便秘と下痢を繰り返すというケースも少なくありません。

ストレスにより大腸が痙攣を起こしたとき、若い男性の場合には下痢を引き起こし、若い女性では便秘の症状が現れる傾向にあるという調査結果があります。

痙攣性の便秘は兎糞状の便になりやすく、若い女性ではこのタイプが多くを占めるとされています。

他にもストレスによる自律神経のアンバランス、特に副交感神経の過度な緊張は症状を引き起こしやすくなります。

これは腸の痙攣した部分が狭くなることで便の正常な移送ができないことが原因です。

そして、腸の圧力が高くなることにより腹が張り不快感や痛みを伴います。

排便を行なっても量は少な目で、また充分に出きった感覚がなく残便感があります。

便秘の予防や改善には日頃からストレスを受けない、受けても溜め込まないことが非常に重要であるといえるのです。

関連ページ

Author

  • 名前:としゆき
  • 性別:男
  • 年齢:30歳
としゆき

私は大阪にくらしている会社勤めの男性、30歳です。恋人は残念な事にいないですが、今勤務している仕事場に気になる所属長の女性がいます。 毎日仕事とお酒のリピートですが、価値のある毎日を送っています。
便秘は身体内に有害物質が溜まり健康に悪影響を与えるイメージですね。何日間も便秘のお嬢さんが、便秘の理由から死亡したという事もあるので便秘は全てにわたって良くない!

検索