便秘のタイプで対応が異なる

3djtcmthsdnxufd便秘は食べ物に気をつけることで改善されるといいます。

特に食物繊維を多く摂るのが効果的だとされますが、便秘のタイプによっては必ずしもそうではないケースもあるのです。

慢性の便秘は大別すると、弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘の3つに分かれます。

弛緩性便秘は腸の便を押し出す力が弱まっているのが原因、直腸性便秘は便が直腸まで来ているのに便意を感じないというものです。

痙攣性便秘はストレスによる過敏性腸症候群が要因とされます。

このうち弛緩性と直腸性便秘には、不溶性食物繊維が水分を吸収し膨れて腸を刺激することからそれを多く含むアズキやインゲンマメ、干し柿などが有効です。

しかし、痙攣性便秘ではあまり繊維の多い食品は逆効果なのです。

腸が敏感になり過ぎており刺激は良くないので、生野菜のサラダはオススメできません。

また起きてすぐの冷水は便秘に効果的といいますが、これもやめておきましょう。

食物繊維ならなめらかに腸を通過できる水溶性食物繊維を摂るのがいいでしょう。

水溶性食物繊維をたくさん含むのは、リンゴやバナナ、サツマイモ、寒天などです。

さらに、腸内環境を整えるビフィズス菌を摂るのも効果的です。

ビフィズス菌を増やすための「エサ」としてオリゴ糖を含むバナナは水溶性食物繊維も多いので、積極的に摂るといいでしょう。

関連ページ

Author

  • 名前:としゆき
  • 性別:男
  • 年齢:30歳
としゆき

私は大阪にくらしている会社勤めの男性、30歳です。恋人は残念な事にいないですが、今勤務している仕事場に気になる所属長の女性がいます。 毎日仕事とお酒のリピートですが、価値のある毎日を送っています。
便秘は身体内に有害物質が溜まり健康に悪影響を与えるイメージですね。何日間も便秘のお嬢さんが、便秘の理由から死亡したという事もあるので便秘は全てにわたって良くない!

検索